ハナコログ

覚書onインターネット

生活を共に

私は内向的な人間だ。

職場での私のふるまいは、比較的外交的にしていると思うので、周りからはそうみられないことが多いと思う。

別に、何をするにもネガティブで悪い方向にばかり考えてしまうというのではない。

ただ、「とりあえずやってみよう!」とか、「きっと大丈夫だよ!」とか、そういう気持ちになったり、実際行動に起こすのに、自分を納得させる理屈付けがいちいち必要な人間なのだ。

理論的な人間なわけじゃない。

むしろ感情的で、いつも喜怒哀楽その他諸々の感情に極端に振れていることが多い。

けれど、だからこそ、何かをコンスタントに続けるには、理屈によって自分の感情をどうにかコントロールしてやる必要が出てきてしまうのだと思う。

 

最近、旦那さんのどういうところに救われるのか考えていた。

とうとう夫への愛情に関してすら理屈が必要になったかと一瞬嫌気がさしたけれど、

「愛は技術」とかの川崎貴子先生も極めてポジティブな意味でそうおっしゃっている。

私は思考という技術を使って、より深く、というより違った視点から夫を愛するポイントを探してるだけだし、直感以外に頼ることも悪くないと思うことにした。

旦那さんは優しい。

自分の持たないおおらかさがある。

それは私が長年求めてきたもので、短気で言葉ばかり強気でその実内向的な私にとってはこれ以上ないありがたい存在である。

しかしながらそれだけだろうか。

 

実家に帰ったおり、久しぶりに自室の本棚を除くと、中村うさぎ著の「私という病」を見つけた。

中村うさぎさんの本は、彼と知り合ってから読んだ本だ。

彼女は私が大切にしたいと思う「自分に対し、正直であろうとする。自分をいいようにとらえずに、どんな人間かをきちんと直視しようとする。」人だと思う。

そうだ、そんな人の本を私に紹介するような人が夫なんだ。

つまり、彼も行動するより先に、その理由を考える作業をやる人なんだ。

だから救われる。

だって、本来的に持っている感性とかみなぎる行動力とかで動く人だったら、私のこんなめんどくさい性格がよりめんどくささを増して自己嫌悪で死んでしまうもの。

お互い内向的で、いちいち考えないと動けない人間だから一緒にいることができるのかもしれない。

これはなかなか得難いことだ。

一緒に飲みに行ける人は数多あれど、一緒に生活できる人ってきっとそんなにいないと思うものな。

 

ありがとう旦那さん。

なるべく可愛げのある妻でいれるように頑張るよ。

できんかもしれんけど。

けどなるべくね。

ありがとう。

人間だからこそ

モチベーションが上がらない。

やる気が出ない。

そんな自分に嫌気がさす。

もっとへこむ。

そんな負の連鎖の中が続いてる。

 

すこぶる頭のよい友人がいる。

彼女にかかれば、ひとまずどんなことでも理解できるのではないかと錯覚するほど

分析、理解、説明が上手な人だ。

そんな彼女でも、仕事のモチベーションが上がらないことはあるらしく、

かっこよく仕事をする人の話を書いたドラマを見たりしてテンションを

あげることもあるんだとか。

 

私も、一時期士気を高めようと、働く女シリーズと勝手に名付け、

ストロベリーナイトを始め、ドクターXやトッカン、古いものでカバチタレ

なんかを見て、仕事への活力補給を図っていた。

 

彼女の話を聞いて、どんなに優秀なひとでも、内面的なことは一緒なのかと驚くと共に

そんなできる人でさえそうなのだから、私のモチベーションがなかなか上がらないなんて当たり前なことで、やる気が出ない自分に対して、何も落ち込む必要はないんだと思った。

 

人間だもの。そんなもんだ。

でも、人間だから、そうやってドラマを見たり本を読んだりしてどうにかしようと努力する。

それに、どうせやらなきゃいけない仕事だもの。

楽しいとまではいかなくても、「やるぜ!」って思えたら儲けものだからね。

みんなそうやって頑張ってる。

だから大丈夫。

大丈夫だ。

ないものねだり

なんにも感じたくないなーと思うときがある。

そんなの味気ないし、つまらないと思うけど、感情が動くことそのものが面倒くさいと感じるくらい疲れてるときがある。

 

もう何も欲しいと思わないように

目も耳も口も塞ぎたい

神様あんたがそんなに

偉いんなら楽な生き方教えてよ

不安も不満も期待も欲望も感じたくはない

私はただこの二本の足で

地面を踏みつけたいだけなんだ

                 GO!GO!7188     ないものねだり

 

ほんとそれな。

しんどいときは、感情が全部雑音だもの。

何やっても、また何かが動いて疲れるんだ。

体力が持たない。

感情と体力のバランスが取れた人になりたい。

 

   

三日坊主

昔、取引先だった個人学習塾の先生と話したことを思い出した。

 

こちらは営業をかけに行っていたのだけど、途中から、教育、勉強、学習といった彼女の本業の話を聞いていた。

 

その人は、私の思い描く「本当の学習」を知っている人だと思った。

 

「読み、書き、そろばんがとにかく大切。昔から言われていることは間違いない。本当にその3つが勉強の基本なんです。」

彼女はそのようなことを言っていた。

40代の女性であるところの彼女は、20代前半だった未熟な営業ウーマンである私への激励と、アドバイスをこめて話をしてくれていた。

 

そんな彼女が帰り際に言ってくれたこと。

 

三日坊主でもいいの。

でも、毎日やれなかったことを悔いて、そのままやめてしまわないで。

また始めればいいだけなんだから。

ただ、もう一回やってみればいいんです。」

 

7月はじめからやろうと決めていた課題を、ここ数日さぼっていた。

後ろめたさでどんどん遠ざかろうとしていた自らへの課題。

もう一度、向き合おう。

軽い気持ちで。

また三日坊主になったっていい。

そのあと、また始めればいいのだから。

勉強と筋トレ

勉強は筋トレと同じ。

さぼればさぼるだけ筋肉は衰えていく。

次に筋肉をつけるのがきつくなる。

ずっと放置してると、むしろリハビリが必要になる。

 

筋トレならやらなきゃまずいって、すぐ体感できるのに、

勉強だと実感しづらいからたちが悪い。

 

私の閾値はどこだろう。

まだまだ先が見えなくて不安だけど、

勉強はルームランナーに乗ってるのと似てるから

とにかく歩いてないとこけてしまう。

 

どこまでいけばいいか、どうなればいいか、

わけわかんないし、ただただ不安だけど、

足をとめるとこけてしまうんだ。

 

歩け、歩け、自分。

劇場の追記

朝一旦読み終わってから少しして、読み飛ばしていた残りの25%も全部読んだ。

 

また泣いた。

 

なんだかほんとにいろんなものが「愛しいのう・・」と思えるようになってしまっていて、炊飯器のスイッチ押すだけで涙が出てきたので、感受性のタガが外れるとたいそういたい人になってしまう。

 

それでも、なんというか、自分にとって本当に大切な人は誰なのかを再認識できてよかった。

自分の、自分が選ぶ、自分が大事だと感じる人が、自分の中に戻ってきたような感覚を取り戻すことができたので、又吉さんに感謝したいと思った。

 

一応「火花」も読んではいたのだけど、なんというかそのときは「ちゃんとした小説を書いてるな」と上から目線の感想を持っただけで、心に響くという感じではなかった。

別にそれは「火花」のせいじゃなくって、題材とか、なんというか、自分が「感情」以外に対してエネルギーをかける人間ではないので、よその話を読んでる気がしただけなんだと思う。

 

「劇場」は、優しい小説だなと思う。

小説ってすごいと久しぶりに思った。

感情が一皮剥けるというか、お風呂上りみたいにさっぱりしたというか、本当にいろいろとありがたかったし、とにかく感動した。

劇場

今日は有給なのに、金曜からとっていた休みの最終日で、明日からの仕事がいやでテンションが低かった。

旦那さんを送り出して、こんなときは感情を強引に動かす何かを読むのがいいかと、彼の本棚にあった「劇場」を読むことにした。

旦那さん曰はく、小説の起承転結の転にあたる部分で、うまくいっていた二人がすれ違ってしまうのが切なくて読み進められないとのことだったので、私もそんな悲しいものを読むのは気が引けて、敬遠していた本ではあった。

小説の真ん中あたりを飛ばして、全体の75%くらいを読んだ。

泣いた。

がんがん泣いた。

主人公も彼女も、お互いのことほんとに大好きやんか。

「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。」

小説の帯だけを見て、最初

「会いたいのに会いに行かないなんてよくわからない。」

と思っていた。

私は、とにもかくにも自分の感情に対するこらえ性がなくて、会いたくなったらどうにかして会いに行くような人間だったから。

けれど、実際に劇場を読んでみて、なんというか、とにかくお互いにすごく大切だと思いあっている二人と、不器用を何重もコーティングして出てくる主人公の優しい言葉が琴線に触れまくって、朝から号泣だった。

感動してたくさん泣いてることを、旦那さんとか母親とかその辺の近しい人に話したくてたまらない自分に気づいて、

「もうすぐ32になるというのに、自分は幼稚園のときからマインドが変わってない。」

とちょっとへこんだけど。

 

旦那さんも優しい人だ。

私が理不尽に怒ることも、泣くこともたくさんある。

けど、とりあえず「どうしたんかね」と言って、私がどんなにむくれてもこっちを向いていてくれる。

これ以上優しい人はいないと思う。

私は狡猾で、傲慢で、卑怯で怠惰なのに。

大事にしなきゃなと思った。

ほんとに。

この人がいないと、私は本当に大変だろう。

仕事ばかりに一生懸命で、一生懸命っていってもなんだかんだ周り道ばかりで中途半端であせりるばかりで。

そんな毎日の中で、覚悟を決めて読んでみてよかった。

かたくなっていた自分の感性が、少し自分らしさを取り戻した瞬間だった。