読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナコログ

覚書onインターネット

背伸びした先にあるもの。

何かを問われたら、その相手の望む正解を答えたい。

相手が満足する応答をしたい。

相手は私がどう発言すれば納得してくれるだろう。

そうやって考えかんがえ話す「くせ」があるらしい。

しかし、わかる人にはわかるのだ。

ばれてしまう人には、お見通しなのだ。

それが私の本心でないことが。

 

「背伸びをした先に何があるというんだ。」

 

うん。その通りだ。なんにもない。

私のかかとは、28年間ずっと浮いたまま。

きついのは自分だけ。

ほんの少し見える景色の違いに満足しているのは自分だけ。

相手から見たら「何してるの?」ってなるだけ。

 

かかとをつけて。

地に足をべったりとつけて話そう。

自分の目線から見える景色を、誇張のない自分を。