読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナコログ

覚書onインターネット

ほんとの気持ち

自分が本当は何を心良しとしてるのか。

どのくらい、明日の約束を期待しているのか。

 

そういうのって、自分のことなのになかなかきちんと計れない。

 

なんてことないことだって、そう思ってたのに、その約束がなくなった瞬間、私の心はみるみる崩れていった。

 

びっくりしたな。

こんなにも自分の気持ちを認識できてなかったなんて。

危ういなぁ。

 

いつも自分の気持ちに素直であること。

そうあることは、自分の周りの人への思いやりにもなると、私はそう思ってる。

 

ほんとは見栄を張ってるんじゃないか。

自分を守るために、相手を攻撃してないか。

そのために余計な詮索をしたり、相手を疑ってかかったりしてないか。

 

気をつけてたはずなんだけどな。

 

認めてしまうと自分が傷ついたり、悲しくなったりすること。

そういうことの中にいるとき、ほんとの気持ちは見えなくなる。

 

「傷つくことを恐れずに」

聞き慣れた言葉だけど、さすがこぞって使われるフレーズだと思う。

 

よく見て。

ちゃんと見て。

意識して自分の中でクリアにしたい。

ほんとの気持ち。