読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナコログ

覚書onインターネット

好きな人

今まで、人のどんなところを見てその人が好きだと判断してきただろう。
あ、恋愛の話です。
25歳くらいのときに、長く付き合っていた人とお別れすることになった。
それから、「こんなはずじゃなかった」の念と結婚への焦りで、出会いの機会を増やしては、なかなか結果に結びつかないことを繰り返してきた。
結果に結びつかなかったのは、「この人ならいいな」と思った人から選んでもらえなかったことに起因すると思っている。

しかしながら、「このひとならいいな」という感情の上から目線加減と、人としてのダメさ加減に自分でも吐き気がするなと今は思う。
そんなだから、誰も大切に出来ないし、誰からも大切にされないのだ。

そんな自己批判はひとまず保留にして、好きな人の話をしたいと思う。
今年の初夏くらいに、ものすごく久しぶりに、好きだなと思う人ができた。
それは先に挙げた「この人ならいいか」ではなく、「この人いい」という思いからくるものだった。
私は28歳で、相手は40歳。同じ干支で、丁度一回り年が違う。
(一応補足だけど、独身の人。不倫だとか、その年齢で結婚歴がないのは何処かに問題があるとか、そういう話じゃないので。)
私のこの人への感情が、好きだという気持ちなのか、何度も考えた。
年齢のアドバンテージがあるから、自分でも相手にしてもらえるんじゃないか。相手は、私に物を教えてくれる立場だから、憧れがあるだけじゃないか。
そもそも、久しぶりの学生生活に浮かれてるだけじゃないか。
などなど、いろんなことを考えてみた。
相手に特別な感情を持ってから約半年。
今は、もう単純に「一緒いたい」「会えたら嬉しい」でいいんじゃないかなって思っている。
そして、もれなく付いてくる「他者への嫉妬」とも、恋愛やってちゃ仕方ないと割り切って付き合おうと思う。

きっと、知らないうちに恋愛相手に対して、いろんな条件をつけてる。
それは、今好きな人に対してもどこかでちゃんと存在してるんだと思う。(タバコ吸わないとか、見た目が大丈夫とか。)
けど、結婚という目標への焦りからくる恋愛への姿勢とは違う形で、人を好きになれた気がする。
大きな財産だ。

…その自分の中の気持ちだけで満足できたらいいのに。
あー、ふられたくないなー。